坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて走っている太めの神経である「坐骨神経」が色々な原因によって圧迫されたり刺激されることで、痛みやしびれなどの症状が現れることを言います。
多くの人が、腰痛の後に痛みやしびれをお尻や太ももの後ろ、すね、足先へとあらわれるだけでなく、ひどくなると麻痺や痛みで歩くことさえ難しくなってしまうこともあります。
坐骨神経痛とは、腰から足にかけて走っている太めの神経である「坐骨神経」が色々な原因によって圧迫されたり刺激されることで、痛みやしびれなどの症状が現れることを言います。
多くの人が、腰痛の後に痛みやしびれをお尻や太ももの後ろ、すね、足先へとあらわれるだけでなく、ひどくなると麻痺や痛みで歩くことさえ難しくなってしまうこともあります。

原因は?

特に若い年齢層の場合には腰椎椎間板ヘルニアがその原因の多くを占めています。
そして高齢になるにつれて、原因の多くが腰部脊柱管狭窄となってきます。
腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰のハネ(腰椎)に異常が起きることによって坐骨神経が圧迫され、おしりから始まり、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

症状

坐骨神経痛の症状はやはり中高年の方に多く、お尻に始まり、太もものウラ、ふくらはぎのウラ、足にかけて、切られたような鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷たく感じたり、逆に灼熱感を感じたり、または締めつけ感など様々な辛い症状があらわれます。
こうした症状は、足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もあります。