肩関節周囲炎(五十肩)とは?

肩関節周囲炎(五十肩)とは?

中年以降(とくに50代に多い)に発生する、肩関節の痛み(疼痛)と動きの制限(拘縮)を伴う病気の総称です。

肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。

五十肩の定義についてはいろいろな議論がありましたが、現在では広義と狭義の2つのとらえ方が一般的です。
広義の定義では肩関節周囲炎と同じですが、狭義では疼痛と拘縮を伴う肩関節のことをいいます。